サルベージLメモ3「一人で勝手に出やがって! −喰われちゃった四天王崩壊の危機−」 投稿者:Hi-wait
 いつもと同じ昼休み。いつもと同じ暗闇。
 だが、その暗闇の主たる四人は、いつもと雰囲気が変わっていた。
「さて……」
 一人が口を開く。
「弁解を聞かせてもらおうか、へーのき……」
「違う! 誤解だ!」
 二人目が、取り乱した風に立ち上がる気配がした。
「俺は、ただセリオさんと一緒に出られると聞いたから……!」
「それが裏切り行為だというのだ!」
 三人目が、荒々しく机をたたく。
「我々四天王は、自らをオリキャラの付属品に非ず、と言うことを世間に知らしめ
るために戦っているのだ! それを貴様……『一緒に出られる』だと?」
「仕方ありませんね……」
 四人目が、ふぅ、と溜息を付いた。
「へーのき=つかささん……あなたを、四天王から除名します……」
「ま……待ってくれ!」
 あわてて追いすがろうとするへーのき。
「見苦しいぞ、へーのき!」
 ……じゃきっ。
「……へ?」
 ずどどどどどどどどどどどどどどどどどどどど……
 沈黙。
「……どこから持ってきたんだ、こんなもの……?」
「第二購買部ですよ」
「なるほど……」
「さて……そろそろ行きましょうか」
 そう言って、三人は出ていった。
 後には、硝煙と血の臭いだけが残っていた……

 その日の放課後、来栖川警備保障にて。
「へーのきさんはどうしたんですか?」
 Dセリオは、先に来ていたDマルチに尋ねた。
「さあ? 何の連絡もないですけど?」
「全く……無断欠勤とは許せませんね……」
 Dセリオの中で、何かが渦巻いているようだ。
 Dマルチは、賢明にも尋ねるのをやめた。
「セリオサン、アツイデス、アツイデス」
「モエテマス、モエテマス」
「……サウザンドミサイル!」
 後ろで騒いでいたDボックスとDガーネットを取りあえず黙らせ、Dセリオは再
び自分の世界に潜り込んでいた……

 それから一時間後、へーのき=つかさは視聴覚室にて半死人で発見された。

 翌日の昼休み。
 視聴覚室を閉め出された三人は、屋上で集まっていた。
「早く、補充を見つけないといけませんね……」
 パックのコーヒーをすすりながら、沙留斗が呟く。
「しかし、誰を入れる?」
「四天王の条件に合う奴など、そうそういるのか……?」
 春夏秋雪と天神昴希は、そう言いながらそれぞれパンをかじっている。
「一番近そうなのは、彼なんですがね……」
 沙留斗の手が、手許のリストをめくる。
 そこには、ある男子生徒のデータがあった。
「Hi-waitか……」
 手についたソースをなめながら、天神は考え込む素振りを見せた。
「しかし、彼一人では補充できる可能性は限りなく低いでしょうからね……」
 そう言いながらリストをめくっていた沙留斗の手が、ぴたりと止まる。
 春夏秋雪と天神は、沙留斗の手許をのぞき込んだ。

 『T-star-reverse』

「あいつか……」
「彼なら、打ってつけかもしれませんね」
「よし……」
 話は決まった。
 三人は、目で頷くと立ち上がった。
「まずは……彼を捜しましょう」

「「「T-star-reverseだなっ!」」」
 後ろで誰何の声を上げられた少年は、くるりと振り返る。
「どうしたの兄ちゃん達?」
「………………」
「………………」
「………………」
「……ちぃっ! 間違えたか!」
 慌ただしく三人は去っていった。
「……何なんだろ?」
 間違われた少年……てぃーくんは、首を傾げて初等科の方に歩き出した。

「「「T-star-reverseだなっ!」」」
「僕に何の用かなルリコ」
「……ちがうっ!」

「「「T-star-reverseだなっ!」」」
「くわえでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」
「どわあぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

「「「T-star-reverseだなっ!」」」
「今日はとってもセンチな気分☆ 魔法少女エルク……」
「ひっこめぇぇぇぇぇぇぇぇ!」

「「「T-star-reverseだなっ!」」」
「オレは主役だぁぁぁぁぁっ!」
「「「嘘つけ」」」
「……ちくしょぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

 そして、夕方。
「見つかりませんね……」
 ぜーぜー肩で息をしながら、沙留斗がぼやいた。
 それに、春夏秋雪が答える。
「さすがは傀儡使いか……」
 違う。
 ちなみに、天神は既に燃え尽きて真っ白になっていたりする。
「やはり、こうなったら……」
 そこまで沙留斗が行ったときだった。
「……まてっ!」
 仮面ラ○ダーみたいなかけ声と共に、落ちてきた物体が一つ!
「……消し炭?」
「ちがぁぁぁぁぁぁぁう! へーのきだ!」
「へーのきさんですか……どうしたんです?」
「ふっふっふ……この前の試合のことで、セリオさんにやられたのさ……」
 消し炭……もとい、へーのきのその言葉を聞いたとたん、三人に生気が戻る。
「そうですか……おめでとうございます、へーのきさん!」
「……へ?」
 素っ頓狂な声を上げる消し炭。
「オリキャラにこてんぱんにのされてなお生きていられるその態度……まさに四天
王の名にふさわしい!」
「……はぁ?」
「と、いうわけで……」
 と、そこで三人揃って消し炭の方を向く。
「へーのき=つかささん、あなたを四天王に任命します!」

 へーのき=つかさ、喰われちゃった四天王復帰。

                             <完>
===+++===

 さて、今回はいきなりごめんなさいからです。
 まず、beakerさん! 勝手に伏線に使ってしまいました。どうも済みません!
 ……さて、気持ちよく謝罪したところで……
「一人だけでいいんですか?」
 ……どわぁっ!?
 る……瑠香! いきなり出て来るんじゃない!
「じゃあ、どうしたらいいんです?」
 これからは、出てくる前に『これから出ます』と十回言ってから出てくるのだ。
「……そ、それはそれとして!」
 ごまかす気か、コラ。
「本当に謝るのは、一人だけでいいんですか?」
 ……ん? 何故だ?
「だって、他にもへーのきさんとか……」
 彼らはいつもの事じゃないか。
「………………」
 さて、これで疑問はないな?
 では、今回はこの辺で!